fbpx

デジタル化した「思い出」の保存場所として多くの方が活用中!

世界280万人以上利用する思い出の場です。デジタル化した写真アルバム、ビデオ、人生史、家系図などを永代保存することができます
  追悼サイトは欧米でオンラインメモリアルサイトと言い、有名人のサイトを作成し、「人生史」や「思い」を掲載することから始まりました。
  インターネットの普及に従い、近年では一般の方々の活用が盛んです。 加えて、SNSの普及により簡単に写真アルム・メッセージが共有・統合できるようになり、追悼サイトで、デジタル化された思い出を永久保存する方々が増えております。
WIKIペディア参照

ご家族・個人のお客さま

人生の思い出の価値を高める!

追悼サイトを作成して、未来につなげることができます。 これにより、思い出を大切にする心、家族を大切にする心、家族を温かくする、一緒に思い出を時代を超えて育む、思い出という財産を残すことができるようになります。

【メリット】 終活・葬祭・供養での活用 

従来は、デジタル化していない思い出(紙媒体・彫刻)は限られたスペースに残すため多くを残すことは困難でした。追悼サイトにより思いを、リアルな墓に追加することにより長い間(永代)に伝えることができるようになりました。

【QRコードの活用】

追悼サイトはQRコードを活用してリンク先コンテンツとして活用できます。このQRコードは、いつでも簡単にスマホで思い出を閲覧・更新・追加できるます。もしもの時は、残された人たちの、葬儀・お墓・仏壇の準備となります。そして「未来につながる」残された人への思い出の引出しとなります。

  • かんたんスタート
  • 情報保護
  • 政府推奨

3つのステップで簡単作成

 

  •  サイト作成:対話式で、名前URLサイト取得、名前入力、ワープロのようにサイトを作成できます
  • 権限の設定:プライバシー設定は「非公開」「公開」「限定公開」の3つから選択
  • データ入力:思い出の写真・画像・音声・メッセージをアップロード
プライバシーを重視

280万人の会員が使用する運用実績を持つプラットフォームにより、個人情報保護・24時間365日の稼働監視・サイバー攻撃対応・永代サイト保護などの技術機能を備えております。
コンタクトレス

近年のソーシャルメディア普及、そしてコロナによる多大な影響により、米国政府機関や葬儀協会が推奨 (米国退役軍人省、全米葬儀ディレクター協会推奨) 公共機関での利用も含め、世界での利用者が280万人以上となりました。

まずは無料で作成

大切な人や、あなた自身の追悼サイト
簡単に追悼サイト作成

IT苦手な方には対話で入力

URLサイト取得、遺影入力、自分史作成、伝えたいメッセージ入力
自由なデザイン
追悼サイト1

背景、音楽など

お好みに応じてひな型から選択できます
大切な人とのつながり

思い出の投稿

美しいオリジナルテンプレートでだれでも簡単に PC、スマホから、思い出・メッセージ・エピソードを写真と一緒に投稿できます