fbpx

世界で広まる葬儀・供養の変化とは

葬儀

目次

記事のシェア
Share on facebook
Share on twitter
Share on email
昨今のウイルス拡大(COVID-19)を通して遺族や葬儀業界が、葬儀の世界を変える新しい価値観、好み、意見をもたらしています

葬儀の動向 (6つの新常識)

昨今のウイルス拡大(COVID-19)を通して遺族や葬儀業界が、葬儀の世界を変える新しい価値観、好み、意見をもたらしています。 葬祭ディレクター協会 (米国)NFDA、葬儀サービスの世界的な代表発言者として、130年以上続く、葬儀傾向を追跡し、葬儀担当者や喪主と携わり昨今のトレンド紹介しています。

日本国内では、団塊の世代が年を取り、愛する人と自分が葬式を計画する必要があることなど、以前と異なる価値観に基づき葬式を選択しています。つまり、葬儀を悲嘆プロセスの貴重な一部と見なし、葬儀をより意味のあるものにする方法を模索しています。葬儀という神聖はイベントに、新たな認識を持ち始めている世界に、新常識をもたらす傾向は次のとおりです。

葬儀

パーソナライゼーション

今日、葬儀サービスのご遺族は、亡くなった人と同じくらいパーソナライズした葬儀を計画していま す。葬儀を個人的なものにするというアイデアは、亡くなった人の趣味、情熱、興味を反映するユニー クなサービスの爆発的な増加をもたらしました。葬儀は、亡くなった人の生活を反映させることによ り、より有意義な奉仕となります。葬儀ディレクターは、このプロセスをガイドしたり、アイデアを共有し たり、家族が特別でふさわしい追悼を計画したりするのに役立つ推奨事項を作成します。

事前準備

生前に葬儀について考えるのは皆好きではありませんが、避けられないものに備えることが賢明な決断であると 考える人が増えています。葬儀を事前に計画することで、個人は自分らしく、遺族への感情的および経済的な思いやりを残せます。 

葬儀を事前に計画することで、希望を反映した葬儀を計画できます。事前計画により、遺族は、故人の思い出と、人生のお祝いを計画する方が増加しています。 今日の葬儀は、お気に入りの音楽などの個人的なタッチを追加したり、趣味や人生史を取り入れ たりすることが含まれます。 

葬儀を前もって計画することは、費用を事前に負担しなければならないという意味ではありません。ただし、葬儀を事前に計画する多くの人々は、家族の経済的負担を軽減するため、事前に費用を支払います。 

埋葬の多様化

日本国内では火葬が進んでいますが、世界では土葬から火葬へ移行が急速に進みました。そして、火葬の人気が高まるにつれ、さまざまな宗教的信仰の間で受け入れられるようになりました。以前は火葬を嫌 がっていた宗教は現在、家族に対するその価値を理解し、この選択に対応するために彼らの教義を調整 しています。 

埋葬は、家族が愛する人を休息させるための1つの方法にすぎません。それは一般的には墓地または霊園に納骨して墓石や墓標を建てる方法でしたが、近年は自然葬(海洋散骨、樹木葬など)や手元供養(ダイヤモンド、ペンダントなど)、永代供養などの納骨堂など別のオプションが増加しました。

オンライン化

近年、遺族の情報リソースが、インターネットが主要なものに変化してきております。これに対応し、エンディング業界はウェブ上での存在感を高めており、葬儀も例外ではありません。遺族や地域への葬儀サービスをするために、現在は、ほとんどの葬儀社が独自のサイトを持ち、葬儀関連の製品やサービスを表示・理解できるようになっています。 

また、多くの葬儀場は、遺族が写真・音楽・ビデオを閲覧作成するのを助けることができます。これらは、葬儀やウェブサイトで表示することができ、永遠に宝物になる特別な記念品です。 

面会や追悼式は人の死後間もなく行われることが多く、10人以下の親族だけで行われるため、家族や友人、特に遠くに住んでいる人がこ れらの行事に参加することは不可能な場合が多くなりました。一部の葬儀場では、葬儀の様子なども提供することで、遠くの愛する人たちに対応し始めています。これらのビデオは、葬儀社のサイトにアーカイブして後日表示したり、家族が保管できるようににしたりできます。 オンラインメモリアル_追悼サイト

エコ化(ミニマリスト)

葬儀がエコであることは、今日の環境意識の当然の帰結です。環境、精神的、哲学的、 または環境保護を指向したミニマリストのライフスタイルと価値観は、エンディング産業の製品とサービスに対する消費者の態度に反映され、意思決定に影響を与えます。これには、死と葬儀に対する態度が大きく反映されてきております。簡素でエコな葬儀の選択肢は、この環境意識が高まるにつれて、世界で人気が高まると予想されています。 

一般的に「グリーン」の概念と同様に、葬儀でのグリーンは、環境意識を実践し、環境にやさしいこと を意味します。それは葬儀場、葬儀、そして自然葬を網羅しています。昨今の例として、自然環境での小さな集まり、リサイクル紙製品のみの使用、地元産の有機花、ネット活用、有機食品、ホルムアルデヒドによる防腐処理を使わない、分解性衣服、などです。特に、自然葬では、身体は防腐処理なしで自然環境に埋葬され、使用する棺は、分解解性、無毒、持続可能な材料などがあり、従来の墓石は許可されません。代わりに、平らな岩、植物、または樹木が墓標として機能します。

女性の進出

葬儀は伝統的に男性が支配する職業でした。また、会社は世代から世代へと受け継がれていく「家族」の職業でもありました。今日、伝統的に葬儀をキャリアとして選択した人は、それが非常にやりがいのあるものであると感じています。今日、女性も増えており、女性の多くは、コミュニケーションスキル、思いやり、死に対処する人々を慰めたいという願望、組織的およびイベント計画のスキルなど、葬儀の監督として必要なスキルと特性が男性より優れているということもあります。

無料購読(サブスクリプション)

最新のエンディング産業情報をお届けします!

©2020 SmartSenior K.K. All rights reserved
Made in Tokyo, Japan